相続手続きに必要な戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本について

相続関係、戸籍関係ならどなたでも相互リンク受付中  更新 2017.11.1   サイトマップ



相続手続に必要とされているのは、戸籍謄本の他に、原戸籍謄本 ( 正式には改製原戸籍 ) や 除籍謄本 があります。 また、不動産の名義変更(相続登記)には、住民票または戸籍の附票も必ず必要とされています。
相続手続とは、亡くなった方の銀行預金や保険金を相続により受け取る手続、相続人への各種名義変更手続、相続放棄手続などのことです。

各相続手続きに必要とされている戸籍謄本類は、次のとおりとなっています。



    (銀行とは、あらゆる銀行、信用金庫、ゆうちょ(郵貯)銀行のことです。)

 ・ 亡くなった方の戸籍謄本類 (戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍)

   (亡くなった方の戸籍謄本類とは、生れてから亡くなるまでということです。)

  相続人全員の戸籍謄本
 
   (ケースによっては、除籍謄本や原戸籍を必要とされることがあります。)






 ・ 亡くなった方の戸籍謄本類 (戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍)

   ( 戸籍謄本類とは、除籍謄本・原戸籍謄本・戸籍謄本のことです。 )

   (亡くなった方の戸籍謄本類とは、生れてから亡くなるまでということです。)

  相続人全員の戸籍謄本

   (ケースによっては、除籍謄本や原戸籍を必要とされることがあります。)

 ・ 亡くなった方の 住民票 又は 戸籍の附票

 ・ 相続人全員の 住民票 又は 戸籍の附票







 ・ 亡くなった方の戸籍謄本類 (戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍)

   ( 戸籍謄本類とは、除籍謄本・原戸籍謄本・戸籍謄本のことです。 )

   (亡くなった方の戸籍謄本類とは、生れてから亡くなるまでということです。)

 
相続人全員の戸籍謄本
 
   (ケースによっては、除籍謄本や原戸籍を必要とされることがあります。)





以上のように、亡くなった方と相続人の戸籍謄本類が必ず必要とされています。

なぜ、これらが必要とされているかと申しますと、

1つ目の理由は、現金を受け取る人や名義変更する人が、

亡くなった方の相続人であるかどうかを確認するため。

そして、2つ目の理由は、現金の受け取りが相続人全員の意思かどうかを確認するためです。

相続人全員の意思かどうかを知るには、

まず、亡くなった方の相続人が誰なのかを正確に知る必要があり、

それを知るために、亡くなった方のすべての戸籍謄本類 (戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍)を

必要としているのです。

亡くなった方のすべての戸籍謄本類 (戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍)に、相続人(子供など)全員が載っているからです。

注意:これら戸籍謄本類は本籍のある役所でしか取寄せ(取得)できません。本籍とは、住所とは異なります。遠方の場合、郵送で取寄せということになり、請求書や定額小為替、返信用封筒、場合によっては委任状が必要となります。


次に、戸籍謄本類 (戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍)がどんなものなのかを、
簡単にご説明いたします。


戸籍謄本というのは、通常現在の戸籍のことです。


現在の戸籍を、役所に発行してもらったものを戸籍謄本と呼びます。
この戸籍謄本は、現在本籍のある役所でのみ取得する事ができます。
住所とは意味が異なります。
運転免許証などで、現在の本籍がどこなのかを正確に確認できます。




除籍謄本というのは、通常過去の戸籍で、その戸籍の中に誰もいなくなった戸籍のことを除籍と呼び、この除籍を役所に発行してもらったものを除籍謄本と呼びます。


例えば、戸籍に記載されている人が死亡すれば、その人は死亡により除籍となりまず。また、婚姻すれば、婚姻した人は親の戸籍から出る事になり、この場合も除籍となります。そして、戸籍に記載されている全員が除籍となったものが除籍謄本と呼ばれるものです。つまり、戸籍の中に1人でも残っている人がいれば、それは戸籍謄本となります。


改製原戸籍というのは、法が改正されたことによる改正前の戸籍のことです。


法改正前の戸籍まで必要な理由は、改製後の戸籍には、その時に有効な事項しか載ってこないからです。


どういうことかというと、例えば、妻または夫が以前に離婚歴があり、子供までいた場合、その子供が離婚した相手と共に除籍していて、その後で法改正されたなら、改製後の戸籍には、離婚歴もその子供も載ってこないからです。


つまり、法改正前の戸籍である改製原戸籍を見ない限り、他にも子供がいたということがわからないのです。


また、戸籍については、誰でもが取得できるというわけではなく、申請書はもちろんのこと、その戸籍に記載されている人以外の方が取得する為には、委任状などが必要となってくるので非常に面倒でわずらわしい作業となります。




住民票と戸籍の附票は、どちらも現住所を証明できる物です。


例えば、現住所が変わり、役所に届けると、住所地の住民票が現住所にまず変わり、それと同時に本籍地に備え付けられている戸籍の附票にも現住所が追加されます。つまり、連動しているということです。


大きな違いとしては、住民票は現住所と1つ前の住所しか記載されませんが、戸籍の附票には、その戸籍が出来た時からの住所が全て記載されますので、戸籍の附票の方が対応範囲が広く便利なのです。


どういうことかというと、例えば、亡くなった人名義の預貯金や不動産がある場合など、それを登録した時の住所がいくつか前の住所であった場合、その住所が記載されている住民票又は戸籍の附票が必要とされるケースがあるからです。この場合、たくさん前の住所が記載されている戸籍の附票の方なら、追加で、前の住所が載っている住民票などを取得しなければならなくなることが少なくなるということです。

相続手続きに必要な戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍の相互リンクのご案内

1.このリンク集は相互リンクが前提です。登録申請をする前に必ずこのサイトへのリンクを設置してください。
相互リンクは、相続関係、戸籍関係なら基本的にどなたでも相互リンクいたします。お問い合わせよりお知らせ下さい。
タイトルと説明文(60字前後)とURLをお忘れなく!更新 2017.11.1
 戸籍取り寄せサービス 北海道
 戸籍謄本
 除籍
 遺産相続
 戸籍謄本
 遺産相続手続き
 改正原戸籍
 遺言検認について
 相続人 
 戸籍謄本
 原戸籍
 改製原戸籍謄本
 除籍謄本
 戸籍謄本について
 代襲相続
 原戸籍
 戸籍謄本取り寄せ
 相続人
 相続関係について
 遺産相続
 謄本
 相続手続き
 原戸籍について
 相続戸籍謄本
 相続手続き
 法定相続人
 戸籍謄本
 相続手続
 相続戸籍謄本がわかりません
相互リンク検索エンジン〜AtoZ♪Search〜
GOODRUSHsearch☆グッドラッシュサーチ
人気サイトランキング
相互リンク.com
相互リンク・SEO対策 Link1-2-3
戸籍謄本や除籍謄本、改製原戸籍の取得(取り寄せ) リンク集はこちらから

サイトマップ
簡易トイレ
簡易水洗トイレ
便器に被せる簡易トイレ
携帯できる簡易トイレ
簡易トイレ用品
子供用品女性専用の簡易トイレ
子供用品子供向け簡易トイレ
人気簡易トイレ
商品別メニュー
排便収納袋スケットイレ7専用携帯便座付
非常用簡易トイレ
子供用品除籍謄本とは
戸籍謄本とは
携帯簡易トイレニュープルマル
人気簡易水洗トイレ
商品別メニュー
子供用品PZ簡単水洗トイレ 15L
子供用品PZ簡単水洗トイレ 24L
便器に被せる簡易トイレ
商品別メニュー
排便収納袋 スケットイレ7



当サイト内の内容・構成・デザイン・文章の無断複製を禁止します。

Copyright(C)2005-2006 相続手続きに必要な戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍について ALL Rights Reserved

inserted by FC2 system